手術しない脊柱管狭窄症の治療方法

脊柱管狭窄症は改善できます!
中村司からのメッセージ

脊柱管狭窄症 中村司の見解

だから、手術をしても治らない!

強い腰痛や手足のしびれで病院に行ったところ、医師に「脊柱管狭窄症」という病名を告げられた…こういう方は、MRIやレントゲンなどの画像診断から、脊柱管の一部が狭窄していることが認められた方々です。
脊柱管狭窄症という病名に対しては、「脊柱管の狭窄があるから、その圧迫で痛みやしびれなどの問題が起きた」と説明されるのが一般的です。そして、病院からは、痛みをとるためにと、手術による治療法を勧められる場合がほとんどでしょう。 

しかし、実際に手術を受けてみた患者さんに聞いてみると、

「痛みは、前とさほど変わらない」
「手術後には、新たに違う痛みが出た」
「思ったほど良くならなかった」

というケースが、多く見受けらます。これは、一体どうしたことなのでしょうか?

もちろん、「手術ですっかり良くなった」という例がまったくないわけではありません。ですが、手術によって狭窄していたところを、狭窄していない形状に整えたにもかかわらず、痛みやしびれといった症状は改善していないという多くの例があるのが現実です。

その理由は、実は脊柱管狭窄症の症状の原因が「脊柱管が狭窄しているから」という1つだけではないからです。

脊柱管狭窄症の別のもっと大きな原因。
それは、

「狭窄した脊柱管の周辺の筋肉に血流障害があるから」
「血流障害によって、神経損傷ができたから」

というもの。むしろ、中村の見解では、こちらのほうが「本質的な原因」と考えています。

東洋医学の手法を使えば、もっと劇的に痛みが改善する

中村が専門とする東洋医学では、どんな病でも「血流障害があるから」という原因が特に重視されます。

なぜなら、血液は、体に必要な酸素や栄養素を運ぶ重要な役割を担っているから。血の巡りが悪いことは、細胞の修復機能を遅らせ、体の不調を招く大きな要因となるのです。

では、血流障害を解消したら、脊柱管狭窄症は改善するのでしょうか?

ここに、興味深いデータがあるのでご紹介しましょう。東大病院(東京大学医学部の附属病院)では、以下のような実験結果を発表しています。

「脊柱管狭窄症を3つのタイプに分類し、東洋医学の手法を使って血流を良くする治療を行ったところ、タイプごとに差はあるものの、脊柱管狭窄症の3つのタイプすべてにおいて有効であった」

⇒脊柱管狭窄症の3つのタイプとは?

つまり、脊柱管の狭窄した部位の周辺の血流をよくすると、痛みやしびれが改善されることが立証されているのです。

実際、「血流を良くする」という点に焦点を合わせ、中村式の治療法に基づいて開発したホットパックを含む「自宅治療セット」を使われた方の中には、「使ってすぐ痛みが楽になった」という方々が多くいらっしゃいます。

⇒自宅治療セットの詳細はこちら

患部を温める温熱療法というと、がんに対する効果が有名ですが、前述のデータばかりでなく、これまでの私の治療経験からも「脊柱管狭窄症に対して十分に効果がある」ということがわかっています。

脊柱管狭窄症の患者さんに、温熱療法を併用した場合としない場合の治療結果を比べてみたところ、温熱療法を併用した患者さんの方のほうが、断然早いスピードで痛みがなくなったり、楽になったりしたのです。

しかも自宅で簡単に、気持ちよく実践できることから、中村式の温熱療法は継続しやすいというメリットがあります。痛みを我慢して通院したり、高額な治療費を払い続けたりすることもないので、途中でくじけることも、あきらめることも少ないのです。

症状の程度や進行具合によっては、治療に時間がかかることもあります。しかし、たとえどんなに時間がかかったとしても、痛みやしびれは必ず改善に向かっていくことができることは、多くの治療経験から確信できるのです。

たとえば、こんな患者さんがいらっしゃいました。脊柱管狭窄症の痛みから歩くことができず、床をはって移動するしかなかったという方です。その方が、あるとき玄関先で動けなくなり、その後は玄関先で寝起きするしかないという状態にまでなってしまいました。

しかし、私たちの「自宅治療セット」を継続して使用した後には、驚いたことにものすごいスピードで症状が改善、普通に生活できるようにまで回復されたのです。

中村式の温熱療法は、単に今ある症状をとるだけではありません。「身体を細胞レベルから、まるごと再生していく」という目的もあります。二度と病気を再発させないためにも、全身の改善を目指して、取り組んで頂ければと思います。

医療広告ガイドライン

あなたが治っていくために必要なこと

このページにたどり着いたあなたが今、一番困っていることは、「治らないのではないか?という将来への不安」と「治すための努力の仕方がわからない」ということではないでしょうか?
そのための答えを私が言いましょう、今のあなたは、大学受験でたとえると、良い国立大学に合格しようとする受験生に似ています。
受験勉強の成果を元に晴れて合格するには、継続的な努力が必要なのはもちろんですが、良い先生や指導者に出会うことも重要な要素となります。
病気の治療も同じです、良い治療者と出会い、「なぜ病気になったのか」「どういうプロセスで治っていくか」 という全体像を理解し、実践していけば、あなたの将来も明るく開けていくのです。

一目でわかる!一般的な病院と中村司の決定的な違い

東洋医学と西洋医学との違い 東洋医学と西洋医学との違い 東洋医学と西洋医学との違い 東洋医学と西洋医学との違い 東洋医学と西洋医学との違い
東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する