脊柱管狭窄症とは(症状・原因)

脊柱管狭窄症とは(症状・原因)

脊柱管狭窄症は、改善できます!

脊柱管狭窄症の種類と主な症状~あなたのタイプは?

脊柱管狭窄症には、大きく分けて次の3つのタイプがあります。

■1 神経根型(しんけいこんがた)
背骨を通り腰部、臀部から下肢につながる神経の一番根元(神経根)が圧迫されるタイプ。圧迫されている側の足、つまり片足だけにしびれや痛みが出ることが多い。

■2 馬尾型(ばびがた)
脊柱管の中を通る脊髄神経は第1腰椎あたりから馬の尻尾のように、何本にも分かれています。これを馬尾神経と言い、脊柱管の中を通る馬尾が圧迫されるタイプ。両足にビリビリと強い痺れや麻痺の出ることが多い。

馬尾型が進行すると、腸や膀胱の働きに関係する神経が圧迫され、排尿・排便障害などを伴うこともある。

■3 上記二つを併せた混合型
神経根と馬尾神経、両方の神経が圧迫されるタイプ。

また、脊柱管狭窄症は症状の出る部位によって、「頸部(頚部)脊柱管狭窄症」「腰部脊柱管狭窄症」という2つの分類をすることもできます。それぞれの代表的な症状は下記の通りです。

狭窄症のよくある症状 

※脊椎管の狭窄症として、脊椎管狭窄症と検索する方も多くおられます。 

■ 頸部(頚部)脊柱管狭窄症の代表的な症状
・上肢(腕から手指にかけて)に、強い痛みやしびれがある
・腕が重くだるい、あるいは手指に力が入らず、思うように動かせない

■ 腰部脊柱管狭窄症の代表的な症状
・腰が重くて、痛い
・足の痛みやしびれがある
・間欠跛行(かんけつはこう=長時間歩けず、歩いては休み、痛みがおさまったらまた歩くを繰り返す)になる

上記の他、頸部・腰部を問わず、脊椎管の中を通る脊髄や神経根への圧迫の影響により、生活に支障が出るくらいの歩行困難や排尿・排便障害が出ることもあるとされています。

脊柱管狭窄症の原因~こんな人がなりやすい!

脊柱管狭窄症になりやすい人の特徴を挙げると、次のようになります。

(1)首や腰に負担がかかるスポーツや動作を長期間、続けていた
(2)首や腰を頻繁に曲げたり、ひねったりする動作を継続していた
(3)前かがみや座りっぱなしなど、長時間、同じ姿勢をとる環境にあった

上記のような条件は、首や腰周りの筋肉に血流障害を起こしやすいからです。

発症しやすい年代や性別に関しては下記のとおりです。

・脊柱管狭窄症になるのは50歳~80歳くらいの年代の方が多い
・女性より男性のほうが多い傾向がある

また、脊柱管狭窄症の痛みを引き起こす原因となる飲食物もあります。それは、「冷たいもの」や「甘いもの」です。症状を改善するためには、これらの飲食物を避けることをお勧めします。

「脊柱管狭窄症」の基礎知識

  • 脊柱管狭窄症には「神経根型(しんけいこんがた)」「馬尾型(ばびがた)」「混合型」の3つのタイプがある
  • 症状が出る場所によって、「頸部脊柱管狭窄症」「腰部脊柱管狭窄症」という分け方もできる
  • 脊柱管狭窄症の好発年齢は50歳~80歳、女性より男性に多い傾向がある
わかるポイント
東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する