曲がった腰がまっすぐになる?

曲がった腰がまっすぐになる?

脊柱管狭窄症で「曲がった腰」は元に戻る?

特に、ご高齢の方に多いのですが、脊柱管狭窄症を長く患っているうちに腰が大きく「く」の字に曲がってしまう方がいらっしゃいます。

そのような方から、

「治療をすると、曲がった腰がまっすぐになりますか?」

とご質問を受けることがあるのですが、私はこうお答えします。

「おそらく今よりは、まっすぐになります」

その理由は、こうです。脊柱管狭窄症の痛みをやわらげるには、どうしても「前かがみの姿勢」をとることが習慣となります。その姿勢で体の重心をとろうとした結果、腰が曲がってしまったからです。

つまり、腰に問題があるから、腰が曲がったわけではないのです。

そして、ここが大切なのですが、腰が曲がる場合、ほぼ間違いなく股関節が硬くなっています。

股関節がやわらかく可動域が広ければ、一時的に前かがみになったとしても、姿勢を戻せば、またすぐ元の位置に重心を戻すことができます。

しかし、股関節が硬くて可動域が狭いと、人間の体は前後方向のバランスを取るために、腰を丸くせざるを得ないのです。継続してこの姿勢をとることで、筋肉が硬直し、背中が丸くなってしまうというわけです。

しかも、ご高齢の方の場合、どうしても老化で上半身を支える筋肉の力が弱まっていますから、なおさら背中から腰が曲がりやすいのです。

冒頭の話に戻りますが、以前、私が担当していた80代の患者さんに、治療するたびに、周囲の人から「背が伸びた」と言われたというエピソードを語ってくれた方がいらっしゃいました。

このとき、私はどんな治療をしたか。この方の体をよく調べると、股関節が硬く位置もズレていました。そのため、腰を大きく曲げないと、立ったり歩いたりするときに、重心がうまくとれずにいることがわかったのです。

腰の曲がりは、血流障害からの回復を阻害しますので、これも治療していく必要があります。

そこで、仙骨位置の修正体操を指導し、「こだわりホットパック」を使って、股関節のあたりを温めていただきました。

すると、痛みがやわらぐと同時に、腰の曲がりも徐々にまっすぐになっていったというわけです。

狭窄症で「曲がった腰」は元に戻るか

  • 狭窄症で腰が曲がっているのは、股関節の硬さに原因がある
  • 仙骨位置の修正体操を行ない、股関節周辺を温めることで、前かがみになった重心を元に戻すことができる
  • その結果、曲がっていた腰は以前よりも、まっすぐになる
わかるポイント
東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する