狭窄症になりやすい動作・食生活

狭窄症になりやすい動作・食生活

狭窄症になりやすい「動作・姿勢」はあるのか?

「スポーツと脊柱管狭窄症は関係があるか」

というご質問を受けることがありますが、それについては、このようにお答えできます。

「重いものを持つような動作をするスポーツ、あるいは腰に負担をかけるスポーツは、脊柱管狭窄症を引き起こす可能性が高い」

長年、重量挙げのようなスポーツをやってきた方は要注意です。また、健康のためにと、中高年を過ぎてから始めたテニスやゴルフに熱中するあまり、脊柱管狭窄症になる例もあります。

スポーツばかりではなく、農業や造園業に携わっている方、引越しや配送業に従事している方なども重いものを持ち上げることが多く、腰への負担が大きくなります。

その負担から腰痛が引き起こされ、脊柱管狭窄症を発症するリスクが高まると言えます。

そのほか、前かがみの姿勢が続くような生活も、脊柱管狭窄症を引き起こす要因となります。事務仕事やPC操作など、体を動かさずに長時間固定した状態を保つ姿勢は望ましくありません。

こうした仕事の方は、1時間に1回10分程度、椅子から立って軽く体を伸ばす体操をするなど、休憩を入れると良いでしょう。

狭窄症を引き起こしやすい食生活とは

病院などでは、脊柱管狭窄症と食生活は関係ないと言われますが、東洋医学の見地から言えば「大アリ」です。

脊柱管狭窄症の痛みを引き起こす「食生活」の要因としては、次の9つが挙げられます。

1.白砂糖の入った飲食物
2.油で揚げた食べ物(油揚げ麺を使ったインスタント・ラーメンも含む)
3.乳製品(ヨーグルトを含む) → 特に朝、摂取するのは良くない
4.精白された穀物(白米・白パン・白いパスタ/うどん/小麦粉食品など)
→ 発芽酵素玄米が簡単に炊ける自動炊飯器「酵素玄米Pro2」がおすすめ
5.添加物(化合物)入りの飲食物や日用品・農薬を落としていない飲食物
(かんすいの入った一般的なラーメンも含む)
6.アルコール・炭酸飲料・清涼飲料・コーヒーや紅茶などのカフェイン飲料
(特にリンをはじめ、化合物入りの飲料)
7.豚肉・牛肉 → 鶏肉に変えるだけでも体の負担は減る
8.冷たい飲食物
9.電子レンジで調理したもの

狭窄症になりやすい「生活習慣」がある

  • 重いものを持つ仕事、前かがみの姿勢を長く続ける仕事は要注意!
  • 中高年になってから、腰に負担をかけるスポーツを始めるのは危険
  • 「食生活」は狭窄症の痛みに関係がある
わかるポイント
東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する