痛みと血流の関係

「痛み」と「血流」の関係

「痛み」は不快な症状ですが、体の正常な反応のひとつであり、「悪い症状」ではありません。それどころか、改善しようと頑張っている体からのメッセージでもあります。その事実を知れば、「イヤだ」「つらい」とばかり思わなくなるでしょう。

痛みは、発痛物質である「プロスタグランジン」というホルモン様物質が分泌されることによって引き起こされます。西洋医学による治療の場合、この発痛物質の働きを抑え、痛みの感覚をマヒさせる投薬治療を行なうのですが、実はこれが問題なのです。

なぜなら、新潟大学の安保徹教授の指摘によると、この発痛物質「プロスタグランジン」には、 痛みのある部分に対して血液を誘導し、改善させていく働きがあるからです。

「血流」を改善すると、体の機能は正常になるでも述べましたが、痛みや体の不調を解消していくには、血流を良くすることが不可欠。つまり、プロスタグランジンの働きを抑制してしまっては、必要な部分に血液が誘導されないことになってしまうのです。

とはいえ、やはり「痛み」はつらいもの。なるべく早く緩和したいですよね。もちろん、その方法はあります。

痛みは「ここが悪い」ということを知らせる警報のようなもの。ならば、「血液を流す必要があることはわかったから、もう警報を発する必要はないよ」と体にメッセージを送ってやればいいのです。

「こだわりホットパック」の遠赤外線によって浸透熱を与え、血流を促進してあげましょう。こうすれば、短時間で痛みの部分に血液が集まります。すると、警報を出す必要がなくなって痛みが収まっていきます。

温められることで、血液中の赤血球が体全体に栄養分を運び、新陳代謝が活発に行われ、体が本来持っている修復作用も高まっていくのです。
 
こだわりホットパックによる「温熱療法」を継続していると、体の修復機能がグンと高まります。私の患者さんを見る限り、頑固な脊柱管狭窄症やリウマチの痛みやこわばりでも、回復スピードが早くなることが実証済みです。

⇒「こだわりホットパック」の詳細はこちら

なぜ痛むのかを知れば、早くラクになれる!

  • 痛みは、発痛物質である「プロスタグランジン」というホルモン様物質が分泌されることによって引き起こさる
  • 痛みのある部分を温めて血液を誘導し、改善させていく反応を見せれば、痛みは自然に収まっていく
わかるポイント
東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する