天気と痛みとの意外な関係

天気と痛み・不調との意外な関係

痛みと天気は、密接な関係にあります。
この事は、医学界で証明されている事です。

これを否定されるドクターや治療家の情報は古い、とお考えください。

これは、患者さん側からすると、当然の理屈です。
例えば、私が担当している患者さんは、天気予報の名人です。

これは失礼なお話かもしれませんが、気象予報士の方より、はるかに天気予報が良く当たります。

このような事が起きる理由は、気圧との関係が考えられます。

深海に住む「ちょうちんあんこう」を例にとって説明します。
深海で生活する魚には大きな水圧がかかっていますが、もし急激に陸に吊り上げられると、急に水圧が減少します。
大きな外的圧力から一瞬で解放されたら、体全体がかなり膨張するので破裂してしまうかもしれません。
これをちょうちんあんこう理論と呼んでいます。

つまり、私達が低気圧の空間に身を置くと、体が少し膨張し、神経なども同じように膨張しようとします。
その時に、大きなストレスと痛みを感じます。

したがって、湿気が多い時、気圧が変化する時には、痛みが出やすいという特徴があります。

東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する