脊柱管狭窄症によくある症状

脊柱管狭窄症によくある症状

「脊柱管狭窄症」と診断される、症状のポイントは下記の5つです。

・姿勢が悪くなり、腰が曲がる
・強い腰痛(腰から臀部にかけての痛み)が起こる
・足に痛みやしびれが出る
・足が痛くて歩けない
・歩いては休み、歩いては休み(間欠跛行=かんけつはこう)となる

特徴的なのは、腰痛に似た痛みとしびれ、歩行困難です。中でも、特に特徴的なのは「間欠跛行(かんけつはこう)」と呼ばれる症状。安静時には痛みやしびれはあっても軽いという特徴があります。

しかし、歩き続けると症状が腰から足の先まで広がり、動けなくなることも。しばらく休むと症状は改善するのですが、再び歩きだすとまた悪化してしまうという、何とも厄介な症状なのです。

持続して歩ける時間は、1~2分の場合から10分ほどまでと、個人個人によって、もしくはその時々によって、分数に差がでてきます。

もう一つ、「前かがみになると痛みが和らぐ」という点も、脊柱管狭窄症の特徴と言えます。これは、前かがみになると、神経への圧迫がやわらぐためです。

歩くときに杖や歩行用カートを使用したり、歩かずに自転車を利用したりすると、楽になるようです。

「最近、長距離が歩けなくなった」「腰の疲れがとれにくい」ことを年齢のせいにして、症状を放置し、悪化させることのないように十分ご注意下さい。

症状のポイントとして挙げた5つの項目に当てはまるようなら、早めに体質改善を開始されることをお勧めします。

なお、間欠跛行は「閉塞性動脈硬化症」など血管性の病気が原因で、起こる場合もあります。

見分け方としては、休むときの姿勢。前かがみになっても痛みやしびれの症状が緩和されないようなら、血管性の病気が疑われますので注意が必要です。

脊柱管狭窄症と診断される、特徴的な症状

  • よく見られるのは、「腰痛に似た痛みとしびれ」「歩行困難」
  • 歩いては休み、歩いては休みという「間欠跛行(かんけつはこう)」が特徴
  • 前かがみになると痛みがやわらぐ傾向がある
わかるポイント
東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する