西洋医学の治療法(脊柱管狭窄症)

西洋医学の治療法

現代西洋医学の主な治療法(脊柱管狭窄症)

現在、脊柱管狭窄症と診断された場合、病院で行なわれる一般的な治療は下記のとおりです。

【消炎鎮痛剤】
わかりやすく言うと「痛み止めの湿布」です。医師が患者さんの症状に合った湿布を選びますが、通常は非ステロイド系鎮痛剤が処方されます。また、痛み止めとして、坐薬を処方されることもあります。
【筋緊張弛緩薬】
骨格筋の過度の緊張を改善し、コリをやわらげる作用がある経口薬です。副作用として、眠気、ふらつき、めまい、吐き気、食欲減退などがあります。
【ビタミンB12】
神経障害を回復させる働きがあるとされており、神経根型や混合型に良く使われます。

ほとんど副作用はないとされていますが、化学合成されたビタミン剤よりも、植物など自然由来の材料だけで作られたビタミン剤を選ぶほうが、より安全でしょう。
【神経ブロック注射・神経ブロック療法】
神経伝導路(道すじ)に局所麻酔剤を注射器で注入し、痛みの伝達を止めて(ブロックする)血流を良くし、筋肉の緊張を緩める治療法です。

処方薬やリハビリなどでは効果が少ない場合や、痛みが強いとき、持続する痛みがあるときなどに行なわれます。

副作用として、血圧低下やアレルギー症状が出る恐れもあるため、事前に医師から十分な説明を受けてから行ないます。

大きく分けて「硬膜外ブロック」と「神経根ブロック」の2種類があり、痛みの部位、強さ、患者さんへの負担(注射そのものの痛み)を照らし合わせた上で打つ場所を決めます。

基本的には少しでも痛くない方法から始めていきますが、効果が不十分な場合には、注射の種類を変える必要があります。

逆に言えば、効果のあるなしで、異常が起きている場所をある程度、推測することが可能です。

ブロック注射による、局所麻酔薬の作用は一時的なもの。にもかかわらず、薬剤の作用時間が消失したと思われる時間よりも長く痛みが止まることが多くみられるのが特徴です。

これは数時間しか効果のない局所麻酔薬でのブロックでも、その間に慢性的にあった痛みの刺激を遮断することで、患部周辺の筋攣縮や血管収縮が取り除かれて、からだのバランスが多少なりとも改善されるためと考えられています。

一方で、ただでさえ痛い症状の上に、治療とは言え痛い注射をするという選択肢をためらう方が多くいらっしゃるのも事実です。
【物理療法】
物理的な刺激を与える器械を痛みのある場所に当てて血行を良くしていく方法や、骨盤を足の方向に向けて引っ張る牽引方法などがあります。
中村式温熱療法の中では、自宅で体を温める医療機器「こだわりホットパック」を使って、痛みのある部位を温めて血行改善を行なっていきますが、これも物理療法に相当するものです。
【装具療法】
腰にコルセットを巻くことで、筋肉を保護して痛みを軽くしようとする方法です。ただ、長い間、器具に頼って姿勢を矯正することで起きる、筋肉の弱体化が懸念されます。
【運動療法】
ストレッチなどを通じて、腰の筋肉を柔らかくほぐしていく方法です。
【手術】
上記のような保存的治療ではなかなか症状が良くならず、仕事や日常の生活が通常通り行なえないような場合に、手術を勧められることが多いようです。

特に、排尿や排便に障害が出ると非常に困るため、みずから手術を希望される方もいらっしゃるでしょう。

腰部脊柱管狭窄症では、神経への圧力を減らすために、ある部分の背骨を削る“開窓術”と呼ばれる手術や、背骨や椎間関節の変形に対して、その変形している部分を固定する手術などがあります。

また、腰部脊柱管狭窄症と腰椎すべり症が同時に併発しているケースだと、滑っている椎間関節を固定する “脊椎固定手術”を行ないます。

以上が、脊柱管狭窄症に対して現代西洋医学で行なわれている、主な治療法となります。これについて、中村司の見解を述べさせていただきます。

★中村司の見解★

西洋医学における脊柱管狭窄症の治療法は、全般的に「脊柱管の狭窄」という目に見える形の異常に重点を置いて行なわれています。

「腰・首に狭窄症の痛みが出る本当の原因」でも述べたように、この病気の症状を引き起こす根幹には「血行障害」があることを見逃してはいけません。

脊柱管狭窄症は、東洋医学の大原則ともいえる「体を温めて血行を改善することにより、痛みを軽減させ、回復力を強くする」という視点から、治療を行なうのがベストと考えます。

副作用があったり、病気が引き起こす症状とはまた別の痛みや負担を体に与えたりする注射や手術は、治療としてベストとは言い難いでしょう。

しかも、それらを続けたところで、根本的な原因である「血行不良」は改善しないのです。土台となる体が変わらないことには、いつかまた同じ症状が引き起こされる可能性が高いのです。

長い間、辛い症状に耐えてきた方は、本当にこの痛みがなくなるのかと、不安やあきらめに似た気持ちをお持ちかもしれません。

でも、どうか「手術は最後の手段だ」とお考え下さい。これまで、すでに多くの方の症状を改善してきた中村式の自宅で行なう保存療法を、まずはお試しになることをお勧めします。

もちろん、現在、上記のような西洋医学の治療を受けている方にとっても、中村式治療法の併用は有効です。通院や過度の金銭的なご負担なく始めていただけるよう開発いたしました。

体を温める医療機器「こだわりホットパック」を使った温熱療法をはじめ、食事療法・心理療法などの代替医療は、体に負担をかけずに、自宅でも簡単に、安全に行なうことのできる根本的な治療法となっています。

西洋医学で行なわれる治療法と問題点

  • 「脊柱管の狭窄」という目に見える形の異常に重点を置いて行なわれている
  • 痛みやしびれなど、辛い症状を引き起こす本当の原因である「血行障害」にほとんど目を向けられていない
  • 体を温める医療機器「こだわりホットパック」を使った温熱療法、食事療法、心理療法などの代替医療を中心に、保存療法を行なうのがベストの治療法
わかるポイント
東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する