神経根型・馬尾型・混合型の3タイプ

神経根型・馬尾型・混合型の3タイプ

神経根型・馬尾型・混合型~狭窄部位による症状の違い

「脊柱管狭窄症とは」で述べたように、脊柱管狭窄症には、大きく分けて下記の3つのタイプがあります。

(1)神経根型
(2)馬尾型
(3)上記二つを併せた混合型

これは、狭窄が起きている部位による分類です。つまり、脊柱管狭窄症の症状も3種類あるというわけです。順番に説明していきましょう。

(1)神経根型の主な症状

神経に沿って腰から脚にかけて痛みやしびれが起こります。左右両側に起こるケースもありますが、ほとんどは左右どちらか片側だけに症状が出ます。

腰を反らせた時に症状がひどくなり、前かがみの姿勢では症状が楽になるのが特徴。腰部脊椎症や脊椎分離すべり症があると、起こりやすいと言われています。

(2)馬尾型の主な症状

お尻の辺りに血流障害が起きているため、腰よりも足のほうに症状が出やすくなります。神経根型より症状は重く、両脚のしびれや麻痺が広範囲に及び、「間欠性跛行」が顕著に見られる傾向があります。

また、馬尾は膀胱や直腸の働きにも関係しているため、排尿・排便の障害が見られるケースも。その他、会陰部のほてりや異常感覚、男性では異常な勃起が見られることもあります。

馬尾型は、変性すべり症があると発症しやすいことがわかっています。

(3)混合型の症状の特徴

2つのタイプが合わさっていますから、症状も神経根型、馬尾型2つの特性を持っています。

痛みやしびれは、片側だけの場合もあれば、左右両方に現れることもあります。間欠性跛行が見られるケースも多くなります。

「神経根型・馬尾型・混合型」の症状の違いとは

  • 狭窄が起きている部位により「神経根型」「馬尾型」「混合型」の3つのタイプに分かれ、症状の特徴も3パターンに分けられる
  • 腰部や片足に症状が限定される「神経根型」より、お尻に近い部分に狭窄が見られる「馬尾型」のほうが痛みやしびれが広範囲にわたり、歩行障害も出るなど症状が重い
  • 「神経根型」と「馬尾型」の2つの症状が見られるのが「混合型」
わかるポイント
東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する