脊柱管狭窄症 【こだわりホットパックを使った治療法】

こだわりホットパックを使った治療法

今あなたを苦しめている「痛み」は、決して決して悪い反応ではありません。 「『痛み』と『血流』の関係」で述べたように、「痛み」は悪いところへ血液を集中して回復させていこうとする改善反応のひとつです。

とはいえ、痛みが不快な症状であることに変わりはありません。では、この不快な症状をとるには、どうしたら良いのでしょうか?

痛みとは、身体が発している「SOS」。痛みをとるためには、「SOSを出す必要はないよ」と、体に教えてあげればよいのです。

それには、身体や筋肉を内部まで温めて血流を増やすことが有効。そこで、中村式で使用するのが「こだわりホットパック」です。

実は、筋肉の内部の深いところまで温める治療法(温熱療法)というのは、現代医学には存在しません。(温熱療法は存在しますが、せいぜい皮膚の下1~2センチまでしか熱が浸透しないのです)

しかし、中村が開発した医療機器「こだわりホットパック」を使用すると、筋肉のかなり深いところまで(最低3cm、平均4~6cm、場合によっては7cmの深さまで)遠赤外線の熱を浸透させることができます。

⇒「こだわりホットパック」の詳細はこちら

身体の内部まで血流を増やすことができれば、「もう、痛みというSOSを出す必要はないよ」と、体の奥深いところまで教えてあげることができます。

科学的に言えば、この浸透熱によって筋肉がゆるみ、周辺の血液の流れが改善
されるしくみになっているのです。

身体を内部まで温め、身体の中のほうでも血流が増えれば、表面的あるいは急性の痛みだけでなく、奥深くにあった慢性的な痛みも、かなり楽になります。

私たちの治療法が、

「今まで多くの脊柱管狭窄症の方たちを楽にさせてきた」

という実績をつくることができたのも、「こだわりホットパック」を使った温熱療法をお伝えしているからなのです。

東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する