医療用ホットパックの効果的な使い方 Q&A

医療用ホットパックの効果的な使い方について

医療用こだわりホットパックへのご質問にお答えします。

医療用ホットパックの効果的な使い方 Q&A

仕様・部品・故障

他商品との比較

使い方は、病状によって、違いはあるのでしょうか?

痛みなどの症状のあるところにこだわりホットパックを当ててください。

ホットパックを下に敷いて使用しても大丈夫ですか?

もちろんです。

横になり、(仰向けに寝て)腰・背中の下などの下に、
またはホットパックの上に座ったり、
椅子に座った状態で足の裏に当てたりしてお使いいただけます。

通常は、腰や肩などの下に敷いて使用していただけるのがベストです。

ただし直接、体重をかけないようにしてご使用下さい。

ホットパックの上に立ってのご使用は、
全体重50、60キロという重さがかかり故障の原因になります。

こだわりホットパックは、どれくらいもつものなのでしょうか?

通常10年程度は、ご使用いただけます。

歯に銀色の詰め物をたくさんしているのですが、 そういった有害物質も排泄する効果はありますか?

血行が良くなり、代謝が改善されますので、
ぜひご利用いただきたいのですが、
ホットパックの利用以外にも有害物質の除去や
代謝を改善する努力を続けていって下さい。

ペースメーカーを埋め込んでいるのですが、 私でも使えるかどうか教えてほしいです。

こだわりホットパックは太陽光に近いものになっておりますので、
大丈夫だと思われます。

気になられるようでしたら、足や腰などペースメーカーから
離れたところにあててお使いになってみてください。

こだわりホットパックは、裏面を身体に当てると どうなるのでしょうか?

裏面を当てますと、治療としてあまり効果がないという意味なので、 当てていただいても特に問題ございません。

薬を貼った部分にホットパックを使っても大丈夫でしょうか?

こだわりホットパックと貼り薬を同時に使用されると、
貼り薬の吸収率が変わるかもしれませんので、
貼り薬のない状態で、ご利用になるのがベストかと思われます。

貼り薬を貼った状態で試してみて、特に問題がなければ、それでもよいかと思います。

ホットパックはどの部分に当てるのがよいでしょうか?

痛みに対するこだわりホットパックの利用法には3つポイントがあります。

1.痛みのある箇所を温めていただくこと

2.こだわりホットパックをお送りした際に同封されていた、「活性免疫温熱療法」を実践していただくこと
(全身調整として全ての病気の基本的治療法になります)

3.特に冷えが強い、高血圧・心臓が悪い場合、下半身温熱から始めるのも良いでしょう。

ホットパックの布カバーは、洗濯機で洗剤を使用して洗っても大丈夫でしょうか?

はい、洗濯機で洗剤を使われて洗っていただいても大丈夫です。
ご心配でしたら、洗濯機を手洗いモードなどに設定していただくか、手洗いで洗っていただければ、大丈夫かと思われます。

ホットパックを使用し続けることで、自分の体の発熱機能が怠けてしまうことはないでしょうか?

ホットパックを使い続けることで、自分の体の発熱機能が怠けてしまう、ということはございませんので、ご安心ください。
病気の場合は特に早急に体を温めることが大切になります。

妊娠中でも、こだわりホットパックは使用可能でしょうか?

実は、妊娠を希望している人はこのこだわりホットパックをぜひ使ったほうがいいことがわかっています。

不妊症の方は、冷え性を克服すると急に妊娠するという特徴があります。 私の知っているいくつものケースで証明されているものです。

また妊娠中のデリケートな時期は直接お腹に当てずに肩、ふくらはぎ、ひざ裏など赤ちゃんから離して利用されるとよいでしょう。
心配される方がいらっしゃいますが、基本的には安全性の高いものなので、安心してお使いください。

ホットパックをカバーする方法は問題ないでしょうか?

ビニールシートについては、浮き輪のような塩化ビニール製品でなければ遠赤外線の効果がそれほどおちないというデータがあるようです。

したがって、もっと薄いもの、ゴミ袋でも大丈夫です。

紙オムツも体重で圧縮されれば熱が通りますので、さほど気にされなくてもよいようです。

また寝る前にお腹を温めていただくとよいかと思います。

今年、人工関節置換術の手術を受けました。 ホットパックは利用して問題ないのでしょうか?
遠赤外線と金属とのバッティングが心配です。

人工関節など手術によって「金属を体に入れている」多くの方が、痛む部分を温め、痛みをやわらげるためにホットパックを利用されています。

不幸なご報告もなく、特に問題ないはずですが、気になるようであれば 10分程度の短い時間から始めて、時間を延ばしていかれるとでしょう。

こだわりホットパックは衣服の上よりも、肌に直に当てて使用する方がいいですか?

こだわりホットパックを当てるのは服の上からでかまいませんが、黄色かオレンジ色の布で包んで肌に直に当てるのもお勧めです。

肌は色を感じ取るセンサーでもあり、赤い下着が身体を活性化させるのと同じ理屈です。

足が冷えるのですが、どうしたら温まるのでしょうか?

冷えそのものの改善は少し期間がかかるかと思います。
私の妻の例でいうと、1年半で冷え性が全くなくなっています。

改善の期間については、こだわりホットパックの利用だけでなく、CDなどでお話している通り、生活全般の改善も必要となるからです。

足の冷えには膝の裏、自律神経には背骨周辺をこだわりホットパックで温めるとよいでしょう。

電気毛布と併用しても問題ないでしょうか?

電気毛布、ホッカイロなどと二重に重ねて使用した場合、さすがに低温ヤケドの恐れを危惧し、避けてほしいと考えております。

ホッカイロをつけたまま、市販の電気毛布を二重に利用し寝てしまい、低温やけどをした人の話を聞いたばかりです。

こだわりホットパックでは、今までそういった不幸な報告は受けておりませんので、肩と足など場所を離して使用すれば、併用しても大丈夫です。

ホットパックが大量の汗で水気を含んでも問題ないでしょうか?

汗で故障することはないのですが匂いがついてしまうかもしれませんので、厚めのタオルを間にはさんで、タオルを洗濯されるのがよいでしょう。

このこだわりホットパックを使ってはいけない病気はありますか?

どんな方でも、体が慣れるまでは1日3回 15分程度から始めてください。

こだわりホットパックを使用できない病気というのは、基本的にありませんが、心臓に疾患のある方は、 ご使用いただく際に、患部から離れた部位に当ててお使いいただくことをお勧めします。

商品の大きさを教えてください。

寸法:約400mm×約280mm
重量:約850g(カバーをつけた場合)

商品の使用電源と消費電力(電気代の目安)を教えてください。

【電気代について】
ホットパックを温める(温度が上昇する)時の電気代は、
「強」:1時間で1円強
「弱」:1時間で1円弱
*消費電力は「中」で「強」の1/4、「弱」で「強」の1/10程度となり、サーモスタットのOFF状態も弱になるほど間隔が長くなりますので、使用状態によって多少の違いはあります。

海外で使用できますか?

海外での使用は可能です。
ただし、使用電源は日本の仕様であるため、海外で使用する場合は変圧器が必要です。
商品の使用電源と消費電力は下記の通りです。
使用電源:AC100V
消費電力:80W

「こだわりホットパック」は医療機器の承認を受けていますか?

はい、「管理医療機器」として承認を受けております。
医療機器承認番号は21600BZZ00070000です。

商品が故障した場合はどうすればいいですか?

商品をお受け取り時点での不具合につきましては、商品を交換させていただきます。

*当社では返品保証付き商品は扱っておりません。
医療サービス・通信販売に該当するため、クーリングオフの対象となる商品は扱っておりません。
使用後の故障について
【保証期間】2年
【修理発送先】
「修理希望」と書き、故障の状況と住所など連絡先を明記し、機械本体と保証書をご同封のうえ、保証書に記載の修理センターまでお送り願います。
【修理費用について】
こだわりホットパックの保証期間は2年です。
当然ながら2年以内の修理費用につきましては、弊社負担とさせていただきます。
2年以降の修理費用につきましては、お客様負担になりますのでご了承願います。
修理費用は故障の状況にもよりますが、5,000円~7,000円が目安です。
修理費用のお支払いにつきましては、商品をお届けする際に代金引換にてご請求させていただきます。

【送料について】
○保証期間内の修理についての送料につきましては、着払いにて商品を修理先にお送りください。
○保証期間を過ぎてからの修理についての送料につきましては、大変恐れ入りますが、修理先へお送りする送料はお客様負担にてお願いいたします。
*商品をお届けする際の送料につきましては、弊社負担とさせていただきます。

「こだわりホットパック」はどれぐらい使えますか?

使い方にもよりますが、10年ほどお使いいただけます。 ただし、7年以上使用してからの故障につきましては、使用頻度や使用状況等にもよりますが、年数の経過と共に部品の摩耗や劣化も進んでまいりますので、安全上の面からもできる限り、新しい製品に買い替えていただくことをお薦めいたします。
故障した部分を修理しても他の部品等の劣化もあるため、再度故障するリスクが高くなります。

タイマーはついていますか?

電源を入れてから8時間経ちますと、自動的に電源が切れます。
(電源を切り忘れるなど、安全面も考慮して)
時間設定のタイマーは付いていませんので、ご了承願います。

温度設定を「強」にした方が効果があるのでしょうか?(遠赤外線がたくさん出るなど・・・)

温度設定で放出される遠赤外線の量が極端に変わることはありませんが、温熱効果は「中」以上の方が期待できます。
特にお病気の方の場合は「中」以上の温度設定をお勧めいたします。 温熱効果は温度設定を高くした方が良いのですが、無理に熱さを我慢することはお勧めしませんので、短時間(20〜30分)ご使用の場合は温度設定を高くしたり長時間(就寝時など)の使用や、体重をかけてご使用の場合は(熱くなりますので)、「弱」に設定したり、冬は「強」で夏は「弱」など個人個人に合った温度調整をお願いいたします。

※ 輻射熱(ふくしゃねつ)は床暖房でも利用され、放射熱とも呼ばれます。
非常に特殊な熱で空気は暖めず、人体、床、家具、壁などに当たるとそれを暖め、二次輻射も伴って部屋のすみずみまで暖かさが広がっていきます。
波長が長いため深達力があり、身体の奥まで深く浸透し細胞を活性化させ、体を芯から温めてくれます。
熱く感じたい場合や「この痛みは強い熱でないと楽にならない」と思ったら電気を強くしてみてください。

商品のスイッチの部分が動かすと「カシャカシャ」音がしますが、故障でしょうか?

構造上の都合で、余裕(あそび)を持たせているための音です。 故障ではありませんので、安心してご使用ください。

他の遠赤外線と、こだわりホットパックの違いは何でしょうか?

結論から申し上げますと、全く違います。
こだわりホットパックは、徹底した効果、操作性を考慮し、
中村司自身が部品を指定したものです。

また、有効な使い方の説明をしておりますし、2年間の無料 修理保証がついております。

他の遠赤外線と比べたときの、こだわりホットパックの優位性を教えてください。

今まで7社の製品を試しましたが、こだわりホットパックほど効果のある製品は他にありませんでした。

人間は本来、いいものを見分ける直感的な能力を有しています。
理論や理屈ではなく、私が実際に試したうえで優れている製品をお勧めしております。

できれば私がお勧めする、こだわりホットパックをお試しいただくとよいのではないでしょうか。

我が家には他社の遠赤外線があるのですが、このこだわりホットパックも購入すべきでしょうか?

いろんな機械で実験していますが「10年に一つの逸品」なので使い勝手、効果などに明らかな違いがあります。

病気、冷え性、不妊症の方はこのこだわりホットパックを購入されたほうがいい、というのが率直な感想です。
「お腹が痛い時、10~15分お腹に当てると必ず楽になる」というのを最低ラインとして考えてください。

使ってみて楽にならなければ、効果のある遠赤器具とはいえません。
また最大の違いについて、少しご説明しますと・・

中村司は「あなたの病気を治すこと」に意識を集中し、最も効果的な利用法を研究している治療家です。

業者の人は「多く売ること」「機械の一般的な使い方の説明」に終始している点です。

ハードよりも、どう運用するかというソフトの部分が根本的に違うといっても過言ではありません。

れは「治る」「治らない」を決定づける最も大事な部分です。 医療者としては「スーパーに置いてある外国産の野菜」と「お取り寄せの無農薬有機野菜」くらい大きな差があることを理解してほしいところですね。

私のページをよく読むとわかりますが、同じ道具でも病名・症状により全く違う使い方をしながら、最大の効果を出すようにしています。

料理を作る場合、「高価な食材を使えば素人でもそれなりの料理ができる」と言われるそうですが「安い材料でも、素材の持つ特長を引き出しておいしい料理を作ること」がプロの使命ではないでしょうか。

いろんな機械で実験していますが、抜群に効果が違ったのでこの遠赤パックをお勧めしているのが現状です。

東洋医学と西洋医学との違い
脊柱管狭窄症も楽になる!?家族みんなで温熱家族 9レッスン

サイト内検索

以下のテキストボックスに検索ワードを入力することでサイト内検索が行えます。

新着記事

中村司治療中の写真

脊柱管狭窄症に関する最新の記事はこちらから。最前線の治療法からこぼれ話まで、中村司の治療に対する思いを書きつづります。

詳しくはこちら

プロフィール

中村司のイメージイラスト

これまで数々の難病を克服してきた中村司。難病請負人とまで評される中村の実績にせまります。

詳しくはこちら

無料プレゼント

無料プレゼントのイラスト

5日でわかる! 痛みと難病を克服する 【 25の秘訣 】

詳しくはこちら

お問い合わせ

商品に関するお問い合わせは、以下のボタンをクリックして、開いたフォームにご記入の上、送信ボタンを押してください。

お問い合せフォームへのボタン

商品のご注文方法

インターネットでご注文のかたはこちら

ご注文専門ダイヤル

プライバシーポリシー

特定商取引法

お気に入りに追加する